クラウドワークスでBUYMAアシスタント業務やってみた

雑記

どうも、管理人2号です。副業を始めようと思った人が必ず1度は通るであろうクラウドワークス。お仕事を探していると、「BUYMA」の出品代行やアシスタント業務募集をよく見かけます。あれって儲かるのか気になりませんか?評判や口コミを調べても出てこないし、あまりにもたくさん募集が出ているので怪しい気もしますよね。

実際にクラウドワークスでBUYMAアシスタント業務をやってみたので、悩まれている方の参考になると嬉しいです。

スポンサーリンク

クラウドワークスとは

クラウドワークスとは、お仕事をインターネット上で依頼または受注することができるお仕事マッチングサービスです。自宅自分の生活スタイルに合った時間スキルを活かして働くことができるため、主婦や学生、そして副業としても人気があります。データ入力、デザイン作成、SNS運用代行、プログラミング、ライティングなど様々な案件があります。

スポンサーリンク

BUYMAとは

BUYMA(バイマ)とは、アパレルやブランド関係の装飾品を販売するネット通販サイトです。一般の方でも簡単にパーソナルショッパーとしてネットショップが開けるためフリマサイトやオークションに近い形式ですが、出品できるのは新品のみという決まりがあります。また、無在庫でも出品OKという特殊なルールがあります。

スポンサーリンク

実際にBUYMAアシスタント業務やってみた

クラウドワークスで案件を探していてよく見かけるのが『BUYMA』の出品代行や価格メンテナンス代行業務です。今回は、価格メンテナンス作業代行を契約してみました。

契約条件

・1日40件のメンテナンス作業/月4000円
・作業1件当たり約3円
・休みたい日は事前申請で休んでOK

作業開始までの流れ

  1. クラウドワークスで気になる案件に応募
  2. クライアント(発注者)さんから採用のメッセージ
  3. Zoomでの顔合わせと業務内容説明
  4. マニュアル動画共有
  5. BUYMAアカウントを作成してパッチテストという出品作業(作業可能な環境か判断するために必要らしいです)
  6. パッチテストOKであればスプレッドシート共有
  7. クライアントさんのBUYMAアカウントにログインして作業開始
  8. 随時質問(連絡はメールまたはLINE)

実際の作業

私が任されたのは価格メンテナンス(以下価格メンテ)の作業でした。
価格メンテとはすでにBUYMAに出品してある商品の価格を見直してメンテナンスすること。自分のショップが出品している商品と同じものを別の人が安く売っている場合、ライバルの商品よりも安くするという作業です。

まずは雇い主さんから「今日は人気順で上から数えて〇番目以降の商品チェックをお願いします」など本日の担当分について指示を受けます。BUYMAにログインして該当商品を確認し、以下の流れが1件分の作業としてカウントされます。

  1. 同じ商品を別の人がいくらで売っているか最安値をBUYMA内で検索(ブランド・色・形などで絞り込む)
  2. 値下げが必要な場合は、価格変更しても原価割れしないかスプレッドシートでチェック
  3. 値下げしても利益がありそうな場合は値下げ処理をする(BUYMA内とスプレッドシートの価格変更)

作業時間は1件だいたい1~3分程度。慣れれば40件1時間で終わります。私は毎日60件~90件程度やっていました。

画像を見て同じ商品を見つけなければならないので、慣れるまでは1件捌くのも時間がかかります。特に大変だったのは靴やアクセサリー。似た形や色のものが多く、私は時間がかかっていました。

スポンサーリンク

BUYMAアシスタント業務って儲かるの?

BUYMA価格メンテナンスのアシスタント業務をやってみた結果、

1ヶ月で約5500円稼ぐことができました!

1日1~2時間の作業時間3日休みをもらいました。時給に換算すると100円程度だと思います。
これが良いか悪いかは、その人の置かれている状況や合う合わないがあるので、人によるかと思います。空き時間を少しでもお金に換えたい!家で単純作業をやりたい!という方には良さそうです。

気になった方は是非こちらからお仕事を探してみてください!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?クラウドワークスでBUYMAアシスタント業務をやってみた結果、月5500円ほど稼ぐことができました。パソコンさえあれば誰にでも簡単に出来る作業でしたし、怪しい仕事でもありませんでした。依頼主さんによってやり方が違うと思うので全てがこの通りというわけではないと思いますが、BUYMAの作業に興味がある方の参考になると嬉しいです。

おまけ

最後に、クラウドワークスでBUYMAの仕事をする際に疑問に思った点を調べてみました。

クラウドワークスでBUYMAの仕事が多数募集されているのはなぜか

私がとても不思議だったのは、クラウドワークスでBUYMAの仕事が多数募集されているのはなぜかということ。

実はネット上には、「BUYMAの副業で稼ぐマニュアル」のようなものがたくさん公開されています。そしてそのマニュアルには「作業を外注化することで自分は何もしなくても稼げる」「クラウドワークスやランサーズなどを使って安く人手を確保しましょう」と書いてあり、それを実践しているみたいですね。

そのマニュアルを実践しているBUYMAのパーソナルショッパーさんがたくさんいて、BUYMAアシスタント業務でクラウドワークスが溢れかえっているという現状があるのです。

作業の外注化は悪いことではないですし、何もしていない自宅時間をお金に換えたい方や単純作業が好きな方にとっては条件の良いお仕事なので、Win‐Winの関係になれたら最高ですよね。

BUYMAのアシスタントが経験者お断りなのはなぜか

クラウドワークスでBUYMAアシスタントの募集をしている方の条件を見ると、必ずと言っていいほど「これまで他のBUYMAアカウントで出品作業をしたことがない方」
「BUYMAに関するお仕事経験のない方」
「BUYMAアカウントを持っていない方」
など、経験者お断りの条件が並んでいます。BUYMAのアシスタントが経験者お断りなのはなぜなのか

その答えは、BUYMAのアカウントにログインしていたIPアドレスはすべて登録されているからです。
すると、こんなことが起こります。

以前Aさんに雇われて作業をしていたが、Aさんのアカウントが停止
→Aさんだけでなく自分も新たなアカウントを作ることができなくなる
→新たにBさんに雇われてBさんのアカウントにログインすると、Bさんもアカウント停止の恐れ

というように、アカウント停止の情報がIPアドレスを通じて連鎖してしまうんですね。恐ろしいです。虚偽の申告は避けましょう。

というわけで、終わりです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました