青と黄色のVポイントのメリットとお得な使い方

雑記

2024年4月22日にTポイントVポイント青と黄色のVポイントに生まれ変わります。

名誉会長
名誉会長

生まれ変わった?
乗っ取られたの間違いじゃないのか?

そこで今回は、この新しい青と黄色のVポイントについて分かっていることを解説します。

スポンサーリンク

概要

青と黄色のVポイントは、TポイントVポイントが統合されてできる新ポイントサービスです。
新名称はVポイントですが、旧Vポイントと区別をするために青と黄色のVポイントと記載される場合があります。

Vポイント

元々は三井住友カードクレジットカードで貯まるポイントでした。
今回のリニューアル以前では、例外はありますが基本的にはクレジットカードの毎月の利用額の合計の0.5%を獲得でき、カタログ商品の交換やポイント交換、クレジットカード支払いへの充当、Visa加盟店での利用などができるものでした。またTポイントとは異なり、Vポイント加盟店というものが存在したわけではなく、何らかの会員証的な役割をするものではありませんでした。あくまでクレジットカードの還元のために存在するポイントでした。

そして今回のリニューアルにより、Tポイント加盟店でモバイルTカードを提示することでVポイントが貯まるようになり、貯まったVポイントは全国のTポイント加盟店で利用できるようになりました。

旧 Tポイント

TSUTAYAでおなじみのカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社が展開しているポイントのサービスです。そもそもはTSUTAYAのレンタル用会員カードであるTカードから始まったものでした。様々なお店が店舗独自のポイントカードを作っていた中、それらをTカードの傘下に入れて共通のTポイントを貯められるようになり、今では多くのお店でTポイントカードが使えるようになりました。

お店にとってポイントカードを発行するメリットは、①リピーター率が上がる、②顧客情報を集められる③曜日や特定商品に対してポイント〇倍といった形で購入を促せる④新規顧客の獲得や既存顧客の定着が狙えて競合店に対する競争力が高まる、の4つ挙げられます。特にマーケティング戦略が重要な大手チェーン店などは②で得られる情報が非常に重要であるため、Tポイントに限らず楽天ポイントやdポイントなどの多くのポイントサービスが全国に浸透しています。

そして今回のリニューアルで、TポイントVポイントに名称を変えます。
Tポイント側から見た変更点は以下の3点。

  • 名称が変わる
  • 三井住友カードのクレジットカード利用でポイントが貯まる
  • ポイント利用ができるお店がTポイント加盟店だけでなくVisa加盟店に拡大される

名前が変わることによる混乱はあるかもしれませんが、カードの提示や従来通りのポイント利用については変更はありません。

名誉会長
名誉会長

Tポイント利用者にとっては名前が変わるくらいの変化しか感じられないかもな

スポンサーリンク

Vポイントを貯める方法

Tポイント加盟店で新Vポイントを貯める方法は以下の2つ。

  • Tカード提示
  • 新Vポイントアプリの提示(旧Tポイントアプリ、およびモバイルTカードに相当)

元のTポイントと使い勝手はそこまで変わりません。
またTポイントが利用できるお店は自動的に新Vポイントに対応しますので、これまで利用時にTポイントカードを提示していたお店ではそのまま上記のTカードを提示すればOKです。

スポンサーリンク

新Vポイントはかなり便利

三井住友カードの基本還元率は0.5%でそこまで高くありませんが、実は2%以上の還元率を受けられる高還元クレジットカードに化けます。詳細は以下の記事で解説しています。

この三井住友カードをメインカードとして利用している方は多いと思いますが、そこで貯められるVポイントと従来のTポイントが統合することにより、これら2種類のポイントを管理する手間がなくなります。

Vポイントにも使用期限があり、Tポイントにも使用期限があります。それぞれの存在を忘れていると気づいた時には失効していたということも…
しかし2種類のポイントが1種類になることで、そういった管理が簡単になります。
また、統合した新しいVポイントはVisa加盟店での使用ができますので、ポイントの使い道に悩むことも少なくなります。(困ったらアマギフでも買っておけばいいですね)

Vポイントの利用方法はVポイントPayアプリを使うことによりVisa加盟店で利用できるようになります。こちらの情報はまだあまり出ておりませんので、続報を待ちたいと思います。

あらゆるお店でVポイントが貯まる

三井住友カードのクレジットカードはVisaとMastercardの国際ブランドのいずれかを発行できますので、クレジットカードを利用できるほぼすべてのお店で利用できます。
つまり三井住友カードのクレジットカードを利用するあらゆるお店でVポイントが貯まります
なお、いくつか例外はあります。

また、三井住友カードのクレジットカードを持っていなくても、Tポイントカードを提示してお会計をした場合はVポイントが貯まります。現金決済でも楽天カード決済でも、ポイントカード提示によるVポイントは貯められます。

ポイントの二重取り

Tポイント加盟店でクレジットカード決済ができる場合、ポイントの二重取りが可能です。
例えばファミリーマートで買い物をする場合、ポイントカードの提示でVポイント(Tカード)を提示し、三井住友カードのクレジットカードで決済をすることにより、

ポイントカードの提示:0.5%還元(200円につき1ポイント)
クレジットカード決済:0.5%還元(200円につき1ポイント)

このように、0.5%還元を二重で受けることにより合計で1.0%分のVポイントが貯められるようになります。

ちなみに三井住友カードのクレジットカードのタッチ決済では最大7%の還元を受けられます。2024年3月時点でファミリーマートは対象外ですが、セブンイレブンローソンではタッチ決済がおすすめです。

管理人1号
管理人1号

ファミマで二重取りするよりもセブンでタッチ決済したほうがお得じゃないか…

スポンサーリンク

まとめ

VポイントとTポイントの統合で、これまでのTポイントはより便利になり、三井住友カードのクレジットカードもより便利になります。
複数のポイントを管理するのは非常に面倒ですので、これを機に新Vポイントに集約するというのもありだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました